ブログタイトルイメージ
お知らせ > 学科ブログ
原高史教授のパブリックアートが展示されます
2018年10月03日

こんにちは。副手の熊谷です。

グラフィックデザイン学科 原高史教授のパブリックアートが
茨城県常陸太田市のJR常陸太田駅と鯨ヶ丘商店街に
9月30日(日)ー11月25日(日)に展示されます。
原高史ポスター.jpg
常陸太田市では、KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭で生まれた気運を活かし、
地域とアーティストが共に創造し、人と人との関わり、縁(えにし)を表現していくプロジェクトが進行しています。アーティストは前回芸術祭において鯨ヶ丘のまちなかに展示され話題となった「サインズ オブ メモリー 2016:鯨ヶ丘のピンクの窓」の作者であり、グラフィックデザイン学科学科長原高史教授です。
IMG_9202.JPG
IMG_9203.JPG
地域の方々から寄せられた特徴的な言葉を選び出し、言葉でまちを飾る標識・看板を新たに制作し、街灯に展示しています。制作にはグラフィックデザイン学科の学生と副手も参加しました。
オリジナルマップを片手にまち歩きをしながら、この地域の過去・現在・未来を感じる作品をぜひお楽しみください。

<作品展示期間>
9月30日(日)-11月25日(日)
会場:JR常陸太田駅待合所、茨城県常陸太田市鯨ヶ丘商店街
鯨ヶ丘のまちなかに作品が展示されます。
※展示は予告なく終了する場合があります。
主催:常陸太田市 | 企画:エヌ・アンド・エー株式会社 | 協力:鯨ヶ丘商店会、鯨ヶ丘クラブ

公式サイトは こちら
オリジナルマップDLは こちら
プロジェクト公式Facebookページは こちら
プロジェクトの活動報告から今後の予定まで、最新情報を発信しています。

<お問い合わせ>常陸太田市企画課 担当:田辺・安島・森田
TEL:0294-72-3111(内線311、312)
MAIL:kikaku1@city.hitachiota.lg.jp

----------------------------------------------------- 
 
東北芸術工科大学
グラフィックデザイン学科公式SNS(クリックで飛べます)

GD_ig-02.jpg GD_ig_アートボード 1.jpg GD_ig-03.jpg
こちらではリアルタイムで学科の様子を更新しています!

記事 blog_fukusyu / お知らせ / 4:17 PM
「やまが炭」がグッドデザイン賞を受賞!
2018年10月03日

こんにちは。副手の熊谷です。
台風も去り、すっかり秋模様で涼しい毎日ですね。
本日はとてもあたたかいご報告です!

9月21日にグッドデザイン賞が発表され、「やまが炭(たん)」が受賞いたしました。おめでとうございます!

18G020079_01_880x660.jpg
グッドデザイン賞は、デザインによって私たちの暮らしや社会をよりよくしていくものに送られる賞です。
皆さんもグッドデザイン賞のマークを生活の中で見たことがあるのではないでしょうか?
グッドデザイン賞は、製品、建築、ソフトウェア、システム、サービスなど、私たちを取りまくさまざまなものごとに贈られます。
かたちのある無しにかかわらず、人が何らかの理想や目的を果たすために築いたものごとをデザインととらえ、その質を評価・顕彰しています。

こちらは株式会社長沢燃料商事さま(米沢市)と連携し、
本学科の田中先生率いる学生が関わりネーミングからデザインまでつくりあげた製品です。
炭の断面図のイラストが用いられていて、とても可愛らしいデザインです。

IMG_9225.JPG
IMG_9226.JPG
IMG_9227.JPG

植林から炭焼きまで一貫して管理された黒炭で、小さいけれど火力が非常に強くおいしく焼けるという優れものです。
IMG_9228.JPG

【審査員の評価】
資源の調達、製品の製造、グラフィックのデザインまで、山形県内で全て完結している製品。多方面からの取り組みを評価した。商品としては過不足なく、必要なことが全てシンプルに再現されている。ローカル、ソーシャル、エデュケーションという最近のグッドデザイン賞で求められる要素を全て実現したお手本のような製品と高く評価した。

GOOD DESIGN AWARD 2018の公式ページは こちら

今後みなさんも炭を使う機会がありましたら、
ぜひ「やまが炭」を使ってみてくださいね!
本当におめでとうございます。

----------------------------------------------------- 
 
東北芸術工科大学
グラフィックデザイン学科公式SNS(クリックで飛べます)

GD_ig-02.jpg GD_ig_アートボード 1.jpg GD_ig-03.jpg
こちらではリアルタイムで学科の様子を更新しています!

記事 blog_fukusyu / お知らせ / 3:32 PM
ワイヴァンズ TIP OFF PARTY
2018年09月24日

こんにちは。

夏休みが今日をもって終了しました!
後期はプロジェクトなど授業以外の学生の様子も
たくさん更新していきたいと思います。

山形のプロバスケットボールチーム「パスラボ山形ワイヴァンズ」の
デザインチームがグラフィックデザイン学科にはあります。

"Team Assist"です!

これまで、パスラボ山形ワイヴァンズのロゴマークや
マスコットキャラクターのヴァンゴー、タオルなどの公式グッズをデザインしてきました。
試合前にワークショップも開催しています。


今年もいよいよ10月から全60試合のタフなシーズンが間もなく始まります。
そこで、毎年恒例TIP OFF PARTYに参加してきました。
2018 TIP OFFパーティー_180924_0081.jpg
初年度から参加させていただいているこちらのパーティーでは
毎年学生がデザインしたグッズの紹介を
コンセプトも踏まえながらプレゼンさせていただいております。
2018 TIP OFFパーティー_180924_0059.jpg
出番を控え、緊張の面持ちのAssistメンバー。
2018 TIP OFFパーティー_180924_0039.jpg
今までの活動報告と、今年新しくデザインした
マフラータオル・リボンマグネット・ファンクラブカードの
紹介をさせていただきました!

(実は学校でも入念に練習をしていたようです。)
2018 TIP OFFパーティー_180924_0101.jpg

そのあとは選手やAssistの先輩が生み出したヴァンゴとのふれあいも...!!
2018 TIP OFFパーティー_180924_0017.jpg
2018 TIP OFFパーティー_180924_0020.jpg
今シーズンもデザインで全力サポートする!とのことでした。


今シーズンもグッズデザインはもちろん、
ワークショップも開催予定です。
2018.04.21-ワークショップ_180924_0102.jpg
2018.04.21-ワークショップ_180924_0094.jpg
新しいワークショップを考え中との噂も・・・?
詳細はAssistのツイッターをチェック!

ツイッターアイコン_アートボード 1.png


----------------------------------------------------- 
 
東北芸術工科大学
グラフィックデザイン学科公式SNS(クリックで飛べます)

GD_ig-02.jpg GD_ig_アートボード 1.jpg GD_ig-03.jpg
こちらではリアルタイムで学科の様子を更新しています!

記事 blog_fukusyu / プロジェクト / 11:43 AM
秋の進路大相談会を開催します!
2018年09月18日

10月7日(日)に高校3年生・受験生を対象とした「秋の進路大相談会」を、本学を会場に開催します!
37223ef61df8b8383751f89cb0aa7039.jpg

IMG_0871.JPG
「部活や大会で、オープンキャンパスに参加できなかった」
「最近になって受験を考えはじめたけど、芸工大のことや入試についてよく知らない」
「国公立大学との併願校選びに悩んでいる」

そんな高校3年生・受験生のみなさんは、ぜひこの相談会にお越しください。

芸工大の進路アドバイザーと16学科コースの教員が、一人ひとりの希望に応じた分野選びや受験科目、併願パターンをアドバイスします。11月の自己推薦入試から受験を考えている方も必見です!

日時:2018年10月7日(日)10:30〜15:00
会場:東北芸術工科大学(山形市上桜田3-4-5)デザイン工学実習棟A1F
入退場自由・予約不要です。
※山形駅・仙台駅から無料送迎バスを運行します。くわしくはこちらをご参照ください。

PA070144.JPG

PA070121.JPG

PA070139.JPG

受験に際してとても大切なことは、不安や悩みを一刻も早く解決することです。この相談会では、受験生のみなさん一人ひとりのお悩みを解決できるように個別にアドバイスします。

1f5a2f0b48d4c39bb461a137cc7d3bfc.png

大学全体説明会 ①10:30~11:00 ②13:00~13:30(①②は同内容)
オープンキャンパス未参加なら特に必見!芸工大の学びの特徴や魅力、身に付くチカラ、全国の高校生から選ばれる理由をわかりやすくお話しします。進路選びを始めたばかりの1・2年生もぜひどうぞ。

入試説明会 ①11:00~11:30 ②13:30~14:00(①②は同内容)
センター利用・教科科目型入試のポイント解説のほか、学内併願・他大学併願について、そしてまだ間に合う自己推薦入試についてもお話しします。

16学科・コース紹介、教員との個別相談 10:30~15:00
自分に合った学科コースが分からない、学科・コース選びに迷っている...そんな方は16学科・コースの教員や学生から、それぞれの学科・コースの特徴や学びの内容について直接詳しく聞くことができるチャンス。作品の講評も可能です。ぜひお持ちください。

入試個別相談 12:30~15:00
受験科目、併願校、学費計画に国公立・センター試験対策...。受験生の悩みは人によって違うもの。個別相談でしか聞けない悩みを、進路の専門家と解決しましょう。
芸工大の学園祭「芸工祭」を同日開催 9:00~19:00

企画、準備、運営などすべて学生たちの手で行われる「芸工祭」。作品を販売する模擬店、軽食屋台やカフェなど、ブース出展は100以上!楽しい企画をたくさんご用意しています。たくさんのお店やイベントを巡って楽しんでみてください。

3cee957fb01c893da786a295896ec6de-2.png
9ad71eb3129eb46253000c9e971681e8-2.png

バスのお申し込みは こちら から

◎無料送迎バスご利用について(ご留意ください)
*無料送迎バスのご利用は、原則高校生・受験生とその保護者の方、ご引率される高校・予備校の先生方に限らせていただきます。
*バスは定刻に出発します。出発時刻の10分前までにご集合ください。
*山形駅発着のバスは、お申し込みいただく必要はありません(当日乗り場にお越しいただければご乗車いただけます)。やむなく満員になった場合は、公共交通機関をご利用いただきます。あらかじめご了承ください。


本件に関するお問い合わせ:
東北芸術工科大学 入試課
フリーダイヤル:0120-27-8160
E-mail:nyushi@aga.tuad.ac.jp
URL:https://www.tuad.ac.jp/2018/09/74361/

----------------------------------------------------- 
 
東北芸術工科大学
グラフィックデザイン学科公式SNS(クリックで飛べます)

GD_ig-02.jpg GD_ig_アートボード 1.jpg GD_ig-03.jpg
こちらではリアルタイムで学科の様子を更新しています!

記事 blog_fukusyu / お知らせ / 12:09 PM
mt store&マステコンペ
2018年09月11日

こんにちは。
副手の熊谷です。
夏の!ブログ更新祭りです。

今年の夏休みは芸工大で催しがたくさんあります!!

「mt store at TOHOKU UNIVERSITY OF ART & DESIGN」
9/5(水)~21(金)

マスキングテープ「mt」を展開しているカモ井加工紙、東北芸術工科大学内のギャラリーショップ TUAD STOREとの連携企画により、期間限定のmt展示・販売会「mt store at TOHOKU UNIVERSITY OF ART & DESIGN」を学内にて開催。マスキングテープで会場を装飾するほか、ワークショップや会場限定のマスキングテープも販売します。

mtstore.jpg

(大学学食の1Fがすごいことになっております。)

TUAD STOREでは、東北芸術工科大学在学生の皆様のデザインを、マスキングテープの図柄として募集するコンペティションを開催しました。
主催はTUAD STOREを運営する「株式会社金入」
製造は「mt」を運営する「カモ井加工紙株式会社」!

そのコンペでは2名が商品化されるとのことだったのですが・・・

《中山ダイスケ学長賞 1名-商品化決定》
グラフィックデザイン学科2年 大内みなみさん
「山とくま」

《金入賞 1名-商品化決定》
グラフィックデザイン学科1年 北楯史織さん

なんと、グラフィックの学生がその2枠を勝ち取りました・・・!

IMG_8075.jpg

おめでとうございます。
ここでは商品とコンセプト、審査員の方々のお言葉を紹介させていただきます!

IMG_8251.jpg
「山とくま」
私たちと山の熊が同じ綺麗な月を見ることができる。そびえ立つ山々が優しく毎日を見守ってくれる。そのような、私がすきな自然豊かな山形の姿をデザインしました。
「審査員コメント」
どこを切って使っても、必ずクマが出て来るテンポが素敵。学生がいない夜の芸工大を、クマさんが守ってくれている感じがするので、TUADのオフィシャルグッズとして語ることができそう。クマのイラストの空気感がとてもいい(中山ダイスケ学長より)。


IMG_8252.jpg
「あの子とあの子と」
四月に大学に入学してからたくさんの人に出会いました。初めて会う人や久しぶりに会いたい人の顔を思い浮かべた時に、顔が模様になったら面白いと思いこのデザインにしました。
「審査員コメント」
オリジナリティに振り切った賑やかなイラストの展開が好印象でした。マステの特徴であるデザインの連続性が、表情の連なりで表現されている事も新しく、高揚感を感じるデザインでした(金入健雄(株)金入社長より)。

TUAD STOREの店員さんに聞いたところ
非常に人気なんだそうです!

2つともとてもかわいいですよね。
副手の私ももちろん購入しました。
かわいらしくて、使うのがもったいないです。

自分の手で作り上げたものが販売されて、
たくさんの人の手に渡る喜びを学生のうちに体験できたことは
きっと2人にとっても大きな財産になると思います。
周りの同志たちも火がついたんじゃないでしょうか?

グラフィックデザイン学科はそんなチャンスがたくさんあります。
これからも頑張っていきましょう!



----------------------------------------------------- 
 
東北芸術工科大学
グラフィックデザイン学科公式SNS(クリックで飛べます)

GD_ig-02.jpg GD_ig_アートボード 1.jpg GD_ig-03.jpg
こちらではリアルタイムで学科の様子を更新しています!

記事 blog_fukusyu / お知らせ / 3:24 PM
山形ビエンナーレ開催中!グラフの展示も...!
2018年09月11日

「山形ビエンナーレ2018」9月開催!
テーマは「山のような」
9月1日〜24日 ※期間中の金・土・日・祝日のみ開催

ただいま「第3回 みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ」を開催しています。

山形ビエンナーレとは?
東日本大震災後の東北で、芸術を通じたまちづくり・場づくりをすすめようと、東北芸術工科大学主催で市民とともにつくってきた新しい「祭り」です。

東北芸術工科大学(山形市上桜田/学長:根岸吉太郎)では、荒井良二氏を芸術監督に迎え、2018年9月に、3度目となる「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2018」を開催いたします。

鼻炎.jpg
※クリックでサイトへ

本芸術祭は、地域市民のみなさんと共に、地域がもつ歴史や文化に光をあて、文化的、芸術的活動をとおして育てていくことを目的としています。是非ご覧ください。

これまでも多くの観客とアート業界からの評価を集めてきた山形ビエンナーレですが、
税金を使わず、一つの大学だけで主催している芸術祭は全国でもこれだけです。
ですので、ほんとうに手作り感満載の、小さな小さな孤高のビエンナーレです。

我らがグラフィックデザイン学科教授であり
学長の中山ダイスケ先生が総合プロデューサーです!


そんな山形ビエンナーレには、
グラフィックデザイン学科 原高史教授
& 映像学科 今村直樹教授の
授業で企画された白鷹のプロジェクトの展示があります。
bienIMG_8186.jpg
bienIMG_8188.jpg
GD学科・映像学科の3年生の有志数名が
短期間で展示を完成させました。
IMG_7876.JPG
これから続いていくプロジェクトということで、非常に楽しみです。
是非ご覧ください。
会場:学食2F CUBE Gallery

<お問い合わせ>
東北芸術工科大学 山形ビエンナーレ事務局
〒990-9530 山形県山形市上桜田3-4-5
Tel 023-627-2091 Fax 023-627-2081


また、グラフィックデザイン学科の実習棟では
山形エクセレントデザイン展2018
をビエンナーレと同時開催しています。

b3519394d6a696a4c5b188442574ffbd.jpg

2018年9月1日(土)~9月24日(月) のうち、金・土・日・祝日 開催
※みちのおくの芸術祭「山形ビエンナーレ2018」と同時開催
10:00~17:00

東北芸術工科大学 デザイン工学実習棟B 2階にて
(山形市上桜田3-4-5)

本展では、県内で作られた優れたデザインの製品を選定する「山形エクセレントデザイン2017」受賞製品の展示をはじめ、山形のものづくりを様々な面から掘り下げることで、広く県内外の方々に、山形のデザインやものづくりへの理解を深めてもらうことを目的としています。


いずれも、トークショーや参加型のワークショップなど
様々な体験ができますので、画像をクリックして詳細をご覧ください。


----------------------------------------------------- 
 
東北芸術工科大学
グラフィックデザイン学科公式SNS(クリックで飛べます)

GD_ig-02.jpg GD_ig_アートボード 1.jpg GD_ig-03.jpg
こちらではリアルタイムで学科の様子を更新しています!

記事 blog_fukusyu / 夏休み / 12:08 PM
3年生ドキュメンタリー映画祭作品募集ポスター決定!
2018年08月24日

こんにちは。 


学科のFacebookではすでにお知らせいたしましたが、
先日8月21日(火)に山形ビッグウィングドキュメンタリーフィルムギャラリーにて
「山形国際ドキュメンタリー映画祭2019」に関する記者会見が行われ、作品募集ポスターが発表となりました!
  
約2ヶ月にわたり、近藤一弥教授指導のもと、ゲストの古屋貴広さんにもアドバイスをいただきながらブラッシュアップを重ねてまいりました。

ポスターを並べた講評中の様子。


2018_05.08_0013.JPG

2018_06.05__1878.JPG

2018_05.22_0087.JPG


3年生はコンセプトを近藤教授や古屋さんに伝えながら、ビジュアルをよくしていく作業を繰り返していきます。


完成した20作品のうち、学内選考された10作品の中から
山形国際ドキュメンタリー映画祭事務局の方に選んでいただきました。
 
そしてその中から安部結さんのデザインが採用されました!おめでとうございます◎

0629_poster_k_ol_2_アートボード 1 のコピー 2.jpg


記者会見では作品に込めた想いや苦労した点などをお集まりいただいた報道各社様からの質問なども交えながら、しっかりとお伝えすることができました。

2018.08.021_3.JPG

2018.08.021_2.JPG


以下、デザインコンセプト文です。
「ポスターのテーマは「人々の生活を映し出す」です。
ドキュメンタリー映画は、役者が決まっている劇映画に比べて、映画の主題に関わる多くの無名の人々が登場します。そこには予想できない瞬間や、人々の繋がりがあります。
ありのままを写すからこそ見えてくる日常。一本の映画の中に多くの人が参加して、
作り上げられるのがドキュメンタリー映画の魅力だと思います。

わたしは、この階段が映画のフィルムのように見えました。
そしてそこを通っていく人々の姿がまさに、映画へ人々の日常が撮り込まれている様子に重なりました。
人々が生活していて、それが自然とドキュメンタリー映画の一部になっていく様子を表現するために、はっきり人がいる、のではなく人の気配がするように気をつけながら制作しました。」

2018.08.021_4.jpg


何度もブラッシュアップを重ね、この度みなさんにお披露目することができました。

ご存知の方も多いかと思いますが、このアジア最大規模の映画祭のポスターを
2010年の演習から、グラフィックデザイン学科3年生の課題で制作させていただいております。

 
修正・ブラッシュアップを重ねて完成したポスターは記者会見をもって正式に公開となり、今後ポスター800枚とポストカード9000枚は、海外約1,500件、国内約2,300件へ向けて配布されます。
そして、このポスターを見た各国の映像作家の手から、山形に作品が集結します。


来年度2019年の開催で30周年を迎える歴史ある映画祭のポスターを
学生にデザインさせていただく機会をいただき、
関係者の皆様には深く感謝申し上げます。
 
この作品募集ポスターは、日本国内にも貼り出されますので映画館などでぜひ探してみて下さい!

映画祭WEBサイトヘッダも安部さんのデザインが使用されています◎
▷ www.yidff.jp

記事 blog_fukusyu / お知らせ / 3:00 PM
カレンダー
calendar loading...
最近のブログ記事
カテゴリ一覧
過去の記事